一般社団法人オープンCAE学会  —The Open CAE Society of Japan—

オープンCAEシンポジウム2019 −講演会

基調講演

講演1

  • 梅谷 信行 先生(東京大学創造情報学専攻)
  • 講演題目:インタラクティブな設計と解析の統合とそのオープンソース化
  • 講演概要:
    従来のCAEシステムでは,形状モデリングと数値解析がそれぞれ別々の設計フェーズで行われることが多いですが,それらをインタラクティブに統合することで,数値解析の結果を見ながら自由に形状を模索することが可能になります.
    本講演では,感度解析や,機械学習を使った解析結果の予測の高速化などの,私の今までの研究を紹介するとともに,インタラクティブな設計と解析の統合を社会実装するために開発しているオープンソースライブラリDelFEM2について紹介します.

講演2

  • 鷲野 公彰 先生(大阪大学大学院工学研究科機械工学専攻)
  • 講演題目:OpenFOAM-LIGGGHTSカップリングによる固気液三相流の数値シミュレーション
  • OpenFOAMとLIGGGHTSはそれぞれ,流体,粒子シミュレーションのための代表的なオープンソースソフトウェアであり,そのカスタマイズ性の高さから近年ますます注目を集めている.これら2つのソフトウェアをカップリングすることで,流体-粒子が混在し相互に影響を及ぼす流れ,いわゆる混相流の解析が可能となる.本講演では,特に気体-液体-粒子の三相が混在する流れ(固気液三相流)を対象とし,カスタムソルバーの開発や適用事例について紹介する.

一般講演

重要な期日

  • 講演申込締切: 2019年10月2日(水)
  • 講演採択通知: 2019年11月5日(火)
  • 早期参加申込締切,梗概提出締切: 2019年11月25日(月)(発表参加者は早期登録願います)

募集テーマ

  • オープンCAEや周辺技術に関する応用事例,開発,カスタマイズ,普及活動,情報共有,オープンCAEに関する様々な研究・開発・教育・活動など広く講演を募集します.
  • 一般講演は質疑応答を含め15分とし,内容に応じて12月20日または21日のセッションに編成されます.
  • 講演資格はオープンCAE学会会員に限らず広く募集します.
    • 学生発表に対しては審査対象となり,「優秀学生講演賞」を選定します.

講演梗概集

  • 講演会参加申込者に講演梗概(A4サイズのPDFファイル)をまとめた梗概集のダウンロードURLを事前に公開予定.

事業のご案内

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

事業のご案内

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人オープンCAE学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.